トリニティセブン

お知らせ



あらすじ


その少年、春日アラタの知る日常は、「崩壊現象」と呼ばれる不可思議な事件によって従姉妹の聖ごと異空間に消えてしまった。崩壊現象を解明し、聖を取り戻すため王立ビブリア学園に入学したアラタ。そこに待っていたのは、罪により魔道を操る7人の少女たちだった。


登場人物


春日アラタ

“魔王因子”を身に宿す少年。魔道士になるため王立ビブリア学園に入学した。クールスケベ。


浅見リリス

学園で教師を務めるトリニティセブンの一人。エッチなことに苦手意識があり、アラタ相手だと調子が狂う。


神無月アリン

天然で寡黙なトリニティセブン。自称・魔王の嫁になる女。アラタの幼馴染・春日聖に瓜二つ。


風間レヴィ

通称・忍者娘。殺人術から房中術まで使いこなす(本人談)。本気を出すと強いらしい?


倉田ユイ

わずか14歳でトリニティセブンに選ばれた若き天才。学園長に次ぐ力の持ち主だが、天真爛漫でアラタにまっすぐな好意を向ける。


リーゼロッテ・シャルロック

かつて王立図書館検閲官だったトリニティセブン。自らの魔術を探求するため仲間たちと別れていたが、アラタに敗北してから協力者となる。


山奈ミラ

学園の秩序を守る王立図書館主席検閲官。当初はアラタに厳しい態度をとっていたが、今は仲間として大切に想っている。


不動アキオ

トリニティセブンのなかでは最年長だが、豪放磊落な性格で後輩ともフレンドリーに接する。足技が得意。

月刊ドラゴンエイジにて大好評連載中!


最新刊情報


  • 「深闇の女神」の目覚めが近づき…全ての世界に今、最大の脅威が迫る!

    トリニティセブン 7人の魔書使い 23

    書影:トリニティセブン 7人の魔書使い 23

    束の間の平穏を破り現れた天界からの闖入者は、セリナに「貴女の力が必要――」と言い、去って行った。一方、「深闇の女神」が目覚め始め、全ての世界に危機が迫る。哀しき想いが交わる――希望と絶望の第23巻。

    試し読みをする試し読みをする

    購入はこちらから購入はこちらから

シリーズ既刊情報